オーデマ・ピゲ スーパーコピーウルトラスリム オートマティック トゥールビヨン

オーデマ ピゲは、アイコンであるロイヤルオークの50周年を記念して、41mmのロイヤルオーク フライングトゥールビヨンをはじめとする一連のモデルを発表した。今日ご紹介するのも「ロイヤルオーク フライングトゥールビヨン」ですが、ジャンボとしては50年ぶりに超薄型フライングトゥールビヨン・ムーブメントを搭載しており、純粋な時計愛好家を興奮させることでしょう。この新しいキャリバー2968ムーブメントの開発には5年の歳月が費やされ、より小さく薄い39mmケースに合うように特別に開発されたものです。
ロイヤルオークのオリジナル39mmステンレススチールケースは、八角形のベゼル、8本のホワイトゴールド製ビス、そして「ジャンボ」と呼ばれる一体型ブレスレットが特徴的です。現在、市場で最も人気があり、とらえどころのないモデルの1つであるオーデマ・ピゲは、2021年にクラシックな15202を生産終了し、2022年1月に新しいロイヤルオーク ジャンボ16202を発表し、ジャンボ50周年への道を開きました 。
基本的には16202にトゥールビヨン・レギュレーターを追加したものです。直径39mm、厚さ8.1mm、50m防水という新ジャンボ16202のクラシックなケース仕様は、新ロイヤルオークRD#3でも踏襲されています。尤も、7mmのオリジナルよりも若干ケースは厚くなりますが、サファイアケースバックが付属しています。ステンレススチール製のケースとブレスレットは、特徴的なサテン仕上げと光沢のあるハンドポリッシュ仕上げが施されています。このように、「ジャンボ」トゥールビヨンは、オリジナルのロイヤルオークのラインとプロポーションが実際に理想的であるため、確かに魅力的な時計といえるでしょう。
しかし、現在ではPVD加工によって色が得られるため、すべての文字盤で一貫した色調が長く保たれるようになりました。ホワイトゴールドのアワーマーカーと針には夜光塗料が施され、オリジナルへのオマージュが込められています。12時位置のAPサインと分目盛りはホワイトでプリントされ、フライングトゥールビヨンは6時位置に配置されています。